不動産特定共同事業

不動産特定共同事業契約とは

不動産特定共同事業契約の種類(主に2種類)

「不動産特定共同事業契約」は、法律では5種類定められていますが、主なものは「任意組合契約」と「匿名組合契約」の2つで、ほとんどの商品がどちらかの契約形態を採用しています。

不動産特定共同事業の契約種別①任意組合契約

任意組合契約とは、各当事者が、出資を行い、その出資による共同の事業として、そのうちの一人又は数人の者にその業務の執行を委任して不動産取引を営み、当該不動産取引から生ずる収益の分配を行うことを約する契約をいいます。民法の組合の規定が適用されます。

任意組合とは

任意組合とは 不動産特定共同事業においてこの数年利用が増えている「任意組合」について説明いたします。 任意組合契約とは 任意組合契約とは、各当事者が、出資を行い、その出資による共同の事業として、そのう ...

続きを見る

不動産特定共同事業の契約種別②匿名組合契約

匿名組合契約とは、当事者の一方が相手方の行う不動産取引のため出資を行い、相手方がその出資された財産により不動産取引を営み、当該不動産取引から生ずる利益の分配を行うことを約する契約をいいます。商法の匿名組合の規定が適用されます。

電子取引業務とは(不動産特定共同事業のクラウドファンディング)

電子取引業務とは 不動産特定共同事業における電子取引業務とは、電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法、要するにインターネットを活用した方法により、勧誘の相手方に不動産特定共 ...

続きを見る


許可取得に向けての準備の進め方などについて、初回無料相談を行っております。

ぜひメールにて初回無料相談をご予約ください。

初回無料相談のお申し込み

-不動産特定共同事業

© 2021 アセット行政書士事務所